チャレンジアート コレクション

勝手に応援プロジェクト №1
『NPO法人 サポートどりーむ』

今年のはじめ、
池袋の東京芸術劇場の会議室で打ち合わせの後、廊下から目に入った1枚の水彩画。
それは、出雲の海を描いた、とんでもなく素晴らしい絵でした。

「これは何のギャラリーなんですか?」と尋ねると、島根県出雲市にある障がい者支援のNPO法人で、今回は“チャレンジアートコレクション2013”として、ギャラリーを開催しているとのことでした。
その、ビックリした絵がこちら。

題は『照らす~雲間の光』 持田崇氏作

カタログからの映像ですが、実物は、本当に繊細な美しさがありました。
値段も、何と30000円!(^-^)/
これは即、購入したいと思いましたが、初日に売れてしまったとのこと。
その他にも多くの魅力的な作品が目につきました。
素晴らしい活動と作品に感動です!

先ずはご照会です。\(^o^)/

たをやめオルケスタ!

4年くらい前、仕事がらみの人間関係でイライラして、渋谷の道玄坂を目的もなくブラブラしていた時、遠くからやたら元気のいい音が聞こえてきた。

その日は、渋谷音楽祭だったみたいで、近づいてみると、20人位の若い女の子達が109の前あたりで演奏していた。いわゆるビッグバンドというやつみたいだった。

サックスやら、トランペットやら、トロンボーンやら、迫力のある管楽器の音が鳴り響いた。

私は足を止めて、演奏が終わるまで魅了されてしまった。

何だか、「小さなトラブルに心を奪われていることなんてもったいないよ!もっと楽しもうよ!」と言われている感じがした。

演奏の最後に、「たをやめ!」 「たをやめオルケスタ!よろしくです」と、中央の女の子がPRしていたのが、とても印象的だった。

それから数年が経ち、ふと「たをやめ?」と検索したら、依然元気に活躍していたのを発見!

すぐに又、魅了されてしまった。

女の子達だけの本格的なビッグバンドが、ずっと続いていくことはない。

常に形を変えながら、ベストを尽くしながら、いつかは消えていく。

だから、今、この時この瞬間のライブに全てを注ぎ込む。

彼女たちは、この一瞬に命を完全燃焼させている。

だから、彼女たちのライブに参加すると、いつも元気になる。

http://tawoyameorquesta.com/