アフリカの芸術品を広めたい!

株式会社ルイズビイ の小澤里恵さんは、アフリカのルワンダにて制作されるバスケットを販売する総代理店だ。

ルワンダは、人口1000万人で四国ほどの国。1994年 に内戦があったものの、現在は安定し、数少ないマウンテンゴリラの生息地としても知られている。

2人の男の子の母として静岡で小売店を営んでいる里恵さんが、ルワンダのバスケットとの出会ったのは7年前、小さな展示会だった。

それらの作品は、斬新な模様と重厚感のある作りで、もはや芸術品であり、アフリカのネガティヴなイメージを一新するほどの出会いだった。

ビジネスで来日していたルイーズは、里恵さんと同じく二児の母であることから急接近。仲良くなると同時に知らされたのは、20年前の内戦で起こった大量虐殺での悲惨な事実だった。

わずか3ヶ月の間に100万人もの人間が虐殺、女性はレイプされ、ルイーズ自身も家族の全てを失い、今は親戚の子供達5人を育てていると言う。

《私が遊び呆けている時の出来事だ!》
今では政情が安定しているルワンダではあるものの、エイズに感染してしまった女性、不本意にも身ごもってしまった女性など、ジェノサイドの後遺症は計り知れない。

この芸術的なバスケットは、自立しようとするルワンダの女性たちの大切な仕事だった。
日本の代理店をして欲しいと嘆願された里恵さんは、ルワンダの地に向かう。

そして、勇気をもって一歩を踏み出していく。

JICAのアフリカ講座にて語る小澤里恵さんの真っすぐで、誠実なスピーチと芸術的なバスケットは感動的でした。

リビング壁にオブジェとして飾るのがオススメだそうです。
是非ご覧ください。

綺麗で  又、ビックリするほど安いんです。

 

株式会社ルイズビイ

静岡市葵区七間町8-4  1F

054-271-3585

http://www.ruiseb.jp/index.html

熱い横浜の雄 隊長ソウルバンド!

『隊長ソウルバンド』は、横浜に住む“勝俣敦祐 氏”率いるエイサーバンドだ!

 


“隊長”とは何かと言えば、それは、代表の勝俣氏のあだ名である。自衛隊を卒業し、トイレ事業を興し、業界の第一人者となる。金を稼ぎ、調子に乗ったこともあった。

小指を立てて、『これでビル何棟かなくしましたf^_^;』と、笑いながら語る隊長の笑顔には、経験を越えていった男のお茶目さと優しさがある。

 

 

隊長ソウルバンドは、地元の介護施設、小学校から人気が高い。

小学校では、体育の授業にエイサー太鼓が採用され、公的ボランティアとして活動すると共に、認知症のご老人が、隊長の奏でる沖縄民謡の歌だけは歌えたりする。

又、東日本大震災の年から毎年欠かさず、義援金を持参して演奏に向かっている。

勝俣敦祐さんは現在、この、元気と笑顔を届ける隊長ソウルバンドの活動を中心に人生を展開している。

エイサーバンドと言っても、沖縄の出身者はいない。平均年齢50歳に届くこのバンドは、今日も暖かい笑顔を届け続けている。

 

非営利公益市民活動団体 隊長ソウルバンド代表 勝俣敦祐blog http://ameblo.jp/loveluzmail:taicyo@woody.ocn.ne.jp

〒220-0073横浜市西区岡野1-6-48-213